男性のフェイスラインニキビの原因と対策が知りたい!

男性でフェイスラインニキビや顎ニキビなどの肌トラブルに悩んでいる方って、実は意外と多いんです。

 

このサイトでは、男性特有のフェイスラインニキビの原因と対策や、おすすめのスキンケアについてまとめてみました。

 

男性のニキビケアに効く「バルクオム」

↓ ↓ ↓

7377

 

ニキビの原因とは?

そもそもニキビは、どうしてできてしまうのでしょうか。

 

一般的に、ニキビが発生するのは、ホルモンバランスの乱れや肌の乾燥などがもとで、皮脂の過剰分泌が引き起こされてしまい、肌の表面の毛穴が皮脂や汚れなどで詰まり、ふさがってしまうことが原因だといわれています。

 

皮脂の過剰分泌が起こる原因とされるのは、ホルモンバランスの乱れのほかにも、不規則な生活習慣、ストレスを受けること、偏った食生活、間違ったスキンケアなどがあります。

 

根本的にニキビを予防するには、このような要因を取り除いていき、規則正しい生活習慣を身に付けてホルモンバランスなどが整った生活にする必要があるといえます。

 

ニキビができるメカニズム

人間の肌にはもともと、アクネ桿菌という細菌が存在していますが、この細菌が肌の表面や毛穴にたまっている皮脂を栄養にしながら異常に増殖していくと、ニキビとなってしまいます。

 

アクネ桿菌はどんな肌質の人にも存在しているものですが、とくに脂性肌(オイリー肌)の人は、正常な肌質の人よりもアクネ桿菌を増殖させやすいといわれています。

 

ニキビの種類

ニキビは、その色や重度の段階によって、4つの種類があります。

  • 白ニキビ
  • 黒ニキビ
  • 赤ニキビ
  • 黄ニキビ

ニキビは、「白ニキビ→黒ニキビ→赤ニキビ→黄ニキビ」という段階を追うごとに悪化していきます。

 

白ニキビは、ニキビができた初期の頃なので、毛穴が皮脂や汚れで詰まり白く見えている状態ですが、炎症はまだ起こしていない段階です。

 

黒ニキビは、軽度な白にきびが進化して、詰まった老廃物が酸化して黒ずみ起こしている状態のニキビです。

 

赤ニキビになると、さらに悪化してしまい、痛みを伴う炎症を起こしている段階です。できれば早急に専門のクリニックを受診された方がよいでしょう。

 

黄ニキビはもっとも重症度がひどく、赤ニキビよりももっと炎症も痛みもひどくなっているニキビであり、専門クリニックなどで適切な処置を受けることをオススメするものです。

 

赤ニキビや黄ニキビの段階になると、もしもニキビが改善したとしてもニキビ跡が残ってしまう可能性があるので、注意が必要となります。

 

 

男性のフェイスラインニキビの原因…それはズバリ 【ひげ剃りの刺激】

男性の場合、ひげ剃りによる刺激でニキビができることが多いといわれます。

 

ひげ剃りで力を入れると、毛穴周辺の角質が厚くなる「過角化」という状態になり、毛穴が詰まることがあります。

 

その毛穴詰まりがニキビにつながるケースが、男性のフェイスラインニキビの原因では圧倒的に多いのです。

 

男性のフェイスラインニキビ

 

また、カミソリの刃をフェイスラインに強く当てすぎたり、毛穴の向きと逆方向に刃を動かしたりすることで角質を傷つけます。

 

この角質は肌の表面を守ってくれるものなので、角質が傷つくと肌の内側に雑菌が侵入しやすくなってしまうのです。

 

できるだけ皮膚の角質を傷つけないようにして、フェイスラインニキビができるのを防ぎましょう。

 

男性のフェイスラインニキビには男性用スキンケア!

ニキビケア用品にもいろいろありますが、男性用スキンケアとして今話題になっているのが、メンズスキンケア【 BULK HOMME(バルクオム)】です。

 

▼メンズスキンケア 【BULK HOMME(バルクオム)】を見る▼

 

ここをクリック

↓ ↓ ↓

7379

 

バルクオムは、男性のためのスキンケア化粧品です。

 

特にニキビ対策スキンケア用の洗顔料、化粧水、乳液を中心としたラインですが、いわゆる女性用のものとは違い、あくまでも男性の肌のための成分や処方で作られています。

 

お手入れ時間は毎日たった3分ですみますし、この手軽さで最大の効果が得られるのが【BULK HOMME(バルクオム)】なのです。

 

また、BULK HOMME(バルクオム)は、他のメンズコスメのフェイスラインニキビ対策商品と比べてもコスパがとても良いのです。

 

バルクオムには”スターターキットコース”という、初めての方向けのコースがあり、初回価格はたった1コインの500円です。

 

ニキビや肌のトラブルに悩んでいるなら、一度バルクオムをためしてみませんか?

 

 

バルクオムの公式サイトはコチラです

↓ ↓ ↓

>>http://bulk.co.jp/<<