首ニキビの原因と対策が知りたい!

首ニキビの原因とは何なのでしょうか。

 

実は、顔にできるフェイスラインニキビなどとほとんど同じ原因で、
毛穴に皮脂や汚れがつまって菌が繁殖し、炎症が起きてしまったものです。

 

首ニキビも正しくケアすれば、きちんと治すことができるのです。

 

首ニキビの原因

首にできるニキビの原因は、主に以下の3つだといわれています。

 

  • 肌の乾燥
  • ターンオーバーの乱れ
  • 外部からの刺激

 

それぞれ詳しく説明します。

 

1. 肌の乾燥

 

首周りは体の部位の中でも、とくに乾燥しやすい場所だといわれています。

 

皮膚は乾燥すると、皮脂を過剰に分泌してしまうので、ニキビの発生につながります。

 

首から顔の顎まわり(フェイスライン)にかけては、他の部位よりも衣服に覆われておらず、そもそも乾燥しやすいともいえます。

 

しかし、衣服問題だけでなく、以下のような理由でも、首は乾燥しやすいのです。

 

  • 首の皮膚は薄いため、うるおいが逃げやすい
  • 首は汗をかきやすいので、汗と水分が蒸発しやすい

 

首は体の中でもとくに汗をかきやすいので、水分が逃げやすく乾燥しやすいのですね。

 

2. ターンオーバーの乱れ

 

ターンオーバーとは、肌が、古い肌から新しい肌へ生まれ変わることをいいます。

 

ターンオーバーが乱れると、皮膚の再生が遅れ、ニキビの発生しやすい状態になります。

 

ターンオーバーが乱れる原因として、

  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 食事や栄養バランスのかたより

 

などが考えられます。

 

3. 外部からの刺激

首は、顔やほかの部位よりもとくに毛穴が小さいので、汚れが詰まりやすいものです。

 

加えて、首回りが外部にさらされやすく、髪の毛や衣服が触れて、ダメージを受けたところをさらに刺激することにもつながるので、ニキビが悪化しやすいといえます。

 

 

首ニキビを治すためにやるべき対策

保湿をしっかりする

首ニキビなどの大人ニキビのケアで、第一に大切なことは「保湿」です。

 

これまでのスキンケア方法を見直して、乾燥対策をすることが必要です。

 

まずは保湿を徹底して、首ニキビを改善しましょう。

 

食事や栄養バランスを見直す

食事や栄養バランスがくずれていると、ターンオーバー機能が乱れてしまい、ニキビが繰り返しできる肌になってしまいます。

 

外食が多い人や、好き嫌いが多い人、お酒をたくさん飲む習慣のある人、甘いものやジャンクフードなどの間食が欠かせない人などは、特に注意が必要です。

 

ミネラルやビタミンを意識して多めに摂るように心がけましょう。

 

睡眠をしっかりとる

睡眠中は、お肌のターンオーバーが行われる大切な時間です。

 

午後10時から午前2時までの時間を「お肌のゴールデンタイム」と呼んだりしますが、特に午前0時から2時の間は重要なので、この時間の睡眠はできるだけ確保しましょう。

 

また、「睡眠の質」もターンオーバーの正常化に重要な働きを持っています。

 

ベッドに入る前にスマホをいじったり、ついつい電気をつけっぱなしで寝たりすることはありませんか?

 

できるだけ夜更かしをしないように、また、質の良い睡眠を十分とるように心がけてください。

 

枕や寝具を清潔にする

睡眠中にはかならず寝返りをするものですが、その際に枕と首がこすれてしまい、枕に雑菌が繁殖していると、その雑菌がニキビの原因になってしまう場合があります。

 

枕や寝具はできるだけこまめに洗い、ニキビの原因になる雑菌の温床にならないようにしましょう。

 

首ニキビの原因と対策まとめ

首ニキビは早めに正しい対策をおこなえば、きちんと改善することができるものです。

 

首ニキビも、顔にできるフェイスラインニキビなどと同じように、大人ニキビの一種だといえます。

 

首ニキビができてしまう原因を知って、間違ったスキンケアや生活習慣を見直していき、しつこく繰り返す首ニキビを改善していきましょう。

 

おすすめニキビケア商品ランキングはこちらです。

 

よかったら参考にしてみてくださいね。