フェイスラインニキビのかゆい症状を引き起こす原因

フェイスラインのニキビがかゆいという症状には、5つの原因があるといわれています。

 

1.ホルモンバランスが乱れている

 

肌はホルモンバランスの乱れに、とても敏感に反応するものです。
女性ホルモンの「エストロゲン」には美肌効果がありますが、生理前や更年期になると減少してしまいます。すると相対的に、体内の男性ホルモンが多くなります。

 

そのため、男性ホルモンのもつ作用が強く出るようになり、皮脂分泌が増加してニキビができやすくなります。これが、フェイスラインのかゆいニキビが増える原因です。

 

2.ストレスや不眠

 

ストレスは不眠や便秘を引き起こしますが、それだけでなく、不眠によって睡眠中に分泌されるはずの成長ホルモンが減少するので、交感神経のバランスが崩れます。

 

また、便秘になると老廃物が体内に長くとどまるので、肌トラブルを引き起こしやすくなります。その結果、かゆいフェイスラインニキビができてしまうのです。

 

3.洗顔料を洗い残していて、落とし切れていない

 

Tゾーンやほほや額は、洗顔料が十分に落とし切れていなかったりすることがありますが、この洗顔料のすすぎ残しによってフェイスラインニキビになりやすくなります。

 

さらに、残った洗顔料が皮膚を刺激して、かゆみを引き起こすことにつながります。

 

4.寝具や枕カバーや爪などフェイスラインに触れやすいものが清潔でない

 

睡眠中に、フェイスラインはいろいろな物と接触しています。特に寝具や枕カバーが当たったり、爪でフェイスラインを触ったりすることがさまざまな刺激となって、かゆいフェイスラインニキビにつながるのです。

 

5.皮脂を油紙などで取りすぎている

 

皮膚のバリア機能は、皮脂と水分がバランスを保っていると、うまく機能します。しかし乾燥肌になると、水分量を補うために皮脂が過剰に分泌されます。

 

この時、皮脂を油紙などで取りすぎてしまうと皮脂量が不足してしまい、肌のバリア機能を低下させるので、逆に、ニキビや炎症やかゆみを起こしやすい敏感肌になってしまいます。

 

これ以外にも、下記のようなフェイスラインにかゆい大人ニキビができてしまう原因が考えられます。

 

  • そもそも皮脂が多い肌に、さらに保湿成分たっぷりの化粧品やオイルを使用している
  • 乾燥肌なのに、さっぱり系の化粧品を使用している
  • 髪がフェイスラインを刺激している
  • 甘いものや辛いもの、刺激物を摂りすぎている

 

思い当たるものが多い方は、今日から気を付けていきましょうね!

 

フェイスラインニキビのかゆみがどうしても我慢できなくなったら…

フェイスラインニキビのかゆい症状がどうしても我慢できなくなった場合には、以下の対策方法を試してみてください。

 

しっかり保湿して乾燥を防ぐことで、かゆみを抑えよう!

保湿クリームなどを塗って肌を保護し、かゆみの原因である乾燥から守ってあげましょう。ニキビを悪化させないために、油分より水分量が多い保湿クリームや保湿ジェルを選びましょう。

 

この時、添加物がなるべく含まれていない、できれば無添加で低刺激のケア用品を選ぶことがコツです。

 

また、部屋の空気が乾燥していても、お肌が乾燥する原因になります。加湿器などを利用したり、部屋の中に濡れたタオルを干したりして、部屋の湿度を保つようにしましょう。

 

ニキビを冷やしてかゆみを引かせる

体が温まると毛細血管が膨張してかゆみが強くなる原因となるため、ニキビを冷やせばかゆみが弱まります。

 

冷やし方は、保冷剤や氷などを清潔なハンカチやガーゼなどに包み、ニキビの上から当てるようにすることです。

 

適切なスキンケアでかゆいニキビを改善しよう!

健康な肌作りには、規則正しい健康な生活習慣が何より不可欠であるといえます。

 

お肌のターンオーバー、すなわち皮膚が新しく生まれ変わる周期は約28日間ですので、まずは1か月間、なるべくストレスのない健康な生活を送れるように継続してみてください。

 

健康な身体と健康な肌を得られれば、ニキビのかゆみに悩まされることからも、きっと解放されるに違いありませんよ。

 

フェイスラインニキビ フェイスラインニキビには、専用の対策コスメやオールインワンジェルなどのニキビケア用品もいろいろあります。

 

おすすめのフェイスラインニキビケア商品ランキングはこちらで紹介しています。

 

よろしかったら、参考にしてみてくださいね。