フェイスラインニキビを皮膚科で根本的に治したい!

「ニキビの治療でわざわざ皮膚科に行っても効果があるの…?」

 

「よっぽどひどいニキビじゃないと皮膚科に行っても迷惑なんじゃない…?」

 

などど思って、ニキビ治療で皮膚科受診するのをためらっている方も少なくないと思います。

 

でも実は、ニキビの初期段階の白ニキビや黒ニキビの症状の時に、早めに皮膚科を受診して適切なケアを受けると、かなりメリットがあるのです。

 

たとえば、更に重症になったりニキビ跡が残ったりするリスクも減るし、フェイスラインニキビ対策ができるスキンケア方法や、ニキビ予防となる生活習慣のアドバイスも受けられます。

 

では、病院の皮膚科でフェイスラインニキビ治療を受ける場合、どんな治療法があるのでしょうか。

 

ここでは、フェイスラインニキビを皮膚科で治療する詳しい方法や種類をまとめてみました。

 

フェイスラインニキビの皮膚科での治療の種類

フェイスラインニキビを皮膚科で治療する方法には、次のような種類があります。

 

  • 外用薬の処方
  • 内服薬の処方
  • 毛穴のつまりに対する処置治療
  • その他の治療(注射治療など)

 

外用薬として処方される薬

外用薬による治療がニキビ治療では主流となります。処方される外用薬には、おもに抗生物質と抗生物質以外の薬剤があります。

 

ニキビがなぜできてしまうかというと、その根本的な原因は毛穴の詰まりです。したがって、ニキビ治療には毛穴の詰まりを取りのぞき、再び詰まりにくくする薬剤が有効です。

 

よく処方される外用薬

よく処方される成分の含まれた外用薬には以下のようなものがあります。

 

  • ベピオゲル(一般名:過酸化ベンゾイル)
  • ディフェリンゲル(一般名:アパダレン)
  • デュアック配合ゲル(一般名:過酸化ベンゾイル、クリンダマイシン抗生剤)
  • トレチノイン

 

このうち、トレチノインは保険適用外となります。また、トレチノインにはハイドロキノンと同様に美白効果があるため、ニキビ治療のみならず、シミ治療などの美白を目的としたスキンケアによく用いられる薬です。

 

また上記の治療薬は、角質層の過角化と呼ばれる症状や、微小面皰と呼ばれる肉眼では確認が難しい毛穴の詰まりなどに対しても効果があるといわれます。

 

すでに発生しているニキビに対してのみ効果を発揮するのでなく、ニキビ予防も期待できます。

 

よく処方される外用薬としての抗生物質

抗生物質は、フェイスラインなどに発生するニキビの原因菌であるアクネ桿菌を殺菌する作用がありますので、こちらもよく処方されます。

 

炎症を起こしてしまっている赤ニキビなどの治療に有効です。よく処方される抗生物質には次のようなものがあります。

 

  • リンコマイシン系抗生物質である「ダラシンローション」「ダラシンTゲル」
  • ニューキノロン系抗生物質である「アクアチムローション」「アクアチムクリーム」

 

内服薬として処方される薬

よく処方される内服薬にも、抗生物質と抗生物質以外の薬剤があります。フェイスラインニキビの内服薬としては、以下のような薬がよく処方されています。

 

  • 抗男性ホルモン薬
  • 低用量ピル
  • ビタミン剤
  • 抗生物質

 

フェイスラインニキビができやすくなる原因の一つに、ストレスなどの影響により女性ホルモンの分泌量が相対的に減少して男性ホルモンの働きが強まって皮脂腺が刺激されると、ニキビができやすくなるという要因があります。

 

ホルモン治療は、このようなホルモンバランスの乱れを正常化することを目的としておこなわれる場合があります。

 

また、ビタミン不足もニキビが発生する大きな原因の一つです。皮膚や粘膜を健全に保ったり、皮脂の分泌量を調節するなどの目的で、ビタミン剤が処方されるケースもあります。

 

よく処方されるビタミン剤には、ビタミンCやビタミンB2、ビタミンB6などがあります。

 

よく処方される内服薬としての抗生物質

皮膚科におけるニキビ治療では、重度のニキビの炎症に対しては経口摂取できる抗生物質が処方される場合があります。

 

ニキビ治療に用いられる抗生物質には下記のとおり、さまざまな種類があります。

 

  • マクロライド系抗生物質である「クラリス」
  • テトラサイクリン系抗生物質である「ミノマイシン」
  • マクロライド系抗生物質である「ルリッド」

 

毛穴の詰まりに対する処置治療

皮膚科などの専門クリニックでは、ニキビ治療として、毛穴に詰まっている皮脂や角質などを取り除く治療や、肌質そのものをニキビができにくく改善する治療などが行われます。

 

皮膚科で一般的によく行われる治療としてはケミカルピーリングがありますが、これは通常は保険適用外です。

 

また、微小面皰と呼ばれる、目に見えない毛穴に詰まっている内容物を取り除く「面皰圧出」という治療が行われる場合もあります。

 

これは、できてしまったニキビを早く治したり、ニキビがさらに悪化するのを防いだりする効果があります。

 

注射やその他の治療

フェイスラインニキビの中でも重度の炎症が発生している場合には、炎症を起こしている部位にステロイド剤を直接注射して治療する場合があります。

 

また、その他の治療としては下記のような治療があります。

 

  • レーザー治療
  • フォトフェイシャル照射治療
  • イオン導入
  • 脱毛

 

これらの治療方法は、病院の皮膚科のみでなく美容外科などでも行われていて、ニキビが発生する根本的な原因を取り除く治療法として採用されたり、ニキビ治療の他の方法と組み合わせたりすることもあります。

 

レーザー治療は、既にできてしまっているニキビ跡のケアなどに用いられたり、ニキビの原因菌であるアクネ桿菌の殺菌に使用されたりします。

 

また、面皰圧出の治療が行われる場合に、レーザーメスによってニキビに穴を開ける作業にも用いられます。

 

フォトフェイシャル照射治療は、アクネ菌の殺菌や紅斑の改善を目的として利用されることが多くあります。また、炎症後の色素沈着を改善する効果もあります。

 

フェイスラインのニキビ対策としての治療では、「脱毛」という方法も選択肢としてあります。

 

特に男性の場合、フェイスラインニキビの原因として、髭そり(シェービング)による皮膚への刺激が大きく影響しているケースがありますので、この場合には「ひげ脱毛」がニキビ改善にとても効果的です。

 

詳しくは「男性のフェイスラインニキビの原因と対策は?」のページを参考にしてみてください。

 

フェイスラインニキビを皮膚科で治療するときのポイント

フェイスラインニキビの原因は、ホルモンバランスの乱れやストレスによる負荷、間違ったスキンケア、食生活や生活習慣の乱れ、また手で顔や肌を触るクセなどさまざまです。

 

これにより毛穴に皮脂や老廃物などが詰まってしまうことで、ニキビが発生してしまいます。

 

皮膚科でニキビの専門治療を受けることはとても効果的だといえますが、根本的にニキビ発生の原因となるスキンケアや生活習慣を改善するようにこころがけることも大切です。

 

フェイスラインニキビ治療中は自宅でのスキンケアや生活習慣改善も有効

皮膚科でいくらニキビ治療を受けても、自宅で肌に悪い生活を送ったり、間違ったスキンケアをしていては、なんの効果もありませんよね。

 

それくらい、自宅でのスキンケアは重要なんです。肌が安定した良い状態にして、治療技術や薬が最大限に効果を発揮できるようにコンディションを整えていきましょう。

 

人間の肌は4週間ほどで生まれ変わるといわれています。コツコツと正しいスキンケアを継続していけば、フェイスラインニキビのできにくい新しい肌をを手にいれることができますよ。

 

がんばりましょうね!

 

フェイスラインニキビを直す方法としてはセルフケアがとても重要

フェイスラインニキビの治療・改善のために皮膚科を受診するのは、とても有効な手段です。

 

でも、自分で正しいスキンケアを毎日おこなうことも、とても重要なんです。

 

あと、ふだん忙しくてなかなか病院へ行けなかったり、やっぱり皮膚科を受けるのは気が引ける…という方も、まずは自宅でのスキンケア方法を見直して、ニキビのできにくい肌作りをすることはできます。

 

そんなあなたのために、まずは自分でフェイスラインニキビ対策できるニキビ肌用ケア商品があります。

 

こちらでおすすめのニキビケア商品を紹介していますので、よかったら参考にしてみてください。

 

↓↓↓
しっかり保湿してニキビ対策・予防してくれるニキビケア商品ランキング