コメドはニキビのモト!どうしてできちゃうの?

ニキビの元「コメド」って何?どうしてできる?正しくすっきり除去する方法

 

フェイスラインまわりにできる「コメド」って聞いたことがあるでしょうか。

 

コメドは面皰(めんぽう)ともいわれます。英語ではニキビのことを「comedo(コメド)」といいますが、日本ではニキビそのものというよりも、ニキビの元となる「角栓」という意味で使われることが多いようです。

 

コメドは、毛穴に詰まった角質や皮脂の固まりのことをいいます。よく毛穴から少しだけ出ている、あの白いモノですね。

 

ちょっとだけ頭をのぞかせているので、ついついひっかいて取りたくなってしまいますが、この取り方は皮膚を傷つける原因となりNGです。

 

コメドができる原因と対策

コメドができる原因のひとつとして、肌の乾燥があります。肌が乾燥すると、毛穴から過剰に皮脂を分泌するので、毛穴が詰まりやすくなります。

 

この毛穴に詰まった皮脂が固まったものが、ニキビの元といわれるコメドで、このコメドにアクネ菌が繁殖してしまうと、やがてニキビへと発展してしまいます。

 

コメドができた段階で放置してしまうとニキビが発生しやすいので、必ず対策をとるようにしましょう。

 

コメドの正しい取り除き方

 

ちょこんt頭をのぞかせたコメド。はやく取り除きたいからといって、爪で無理やり押し出そうとしたりしていませんか?

 

コメドプッシャーや毛穴の汚れ取りパックを使ったり、ピーリングをしてなんとか取ろうとするのも、肌へのダメージが大きすぎて逆効果です。

 

ピーリングで古い角質を取り除くことはできますが、コメドのように毛穴の奥に入り込んでいる固まりを除去することはそもそも難しいし、下手をすると肌の組織を傷つけて敏感肌状態になりかねません。

 

コメドを上手に取るためのポイントとは?

コメドを上手にとるには、爪や毛穴パックを使って無理やり取るのではなく、コメドが奥の方から自然に押し出されるまで待つということが一番なのです。

 

コメドが押し出されて、あと一歩という感じのところまで来たら、、ピンセットや綿棒やコットンのガーゼなどを使って、頭の方からそっと引き抜くと上手に正しく取り除くことができます。

 

もし今度コメドを発見したら、試してみてくださいね。

 

注意点としては、無理に取り除かないほうがいいからといって、コメドをいつまでもそのままの状態で放置しているのはもっと危険だということです。

 

毛穴にコメドがずっと詰まっていると、そのうち毛穴が酸化してニキビや肌トラブルの原因になりますので、コメドができたら必ず対処するようにしましょう。

 

コメドを作らないために必要なこと

コメドができないような肌であることが一番ですが、では、どうすればコメドができるのを防ぐことができるのでしょうか。

 

コメドのできない肌にするためには、まずは肌を乾燥から守ることが不可欠だといえます。

 

肌を乾燥させないためには?

オイルタイプのクレンジングを使っている人は、肌がとても乾燥しやすくなります。

 

その理由としては、オイルタイプのクレンジング剤には界面活性剤が配合されているものが多いので、メイク落としとしてはしっかり働いてくれますが、同時にお肌のバリア機能を壊しやすいのです。

 

そのうえ、オイルタイプのクレンジングは肌に必要な油分も取り除いてしまうほど洗浄力が強いため、メイクだけでなく皮脂まで完全に落としてしまいます。

 

そうすると、肌は乾燥状態となり、皮脂腺から皮脂が過剰に分泌されてしまうのです。

 

コメドを防ぐには保湿がなにより重要

コメドができないようにするには、スキンケアの段階でしっかりと保湿をすることが何よりも重要です。

 

保湿をしっかりしていれば、肌が柔らかい状態をキープできて、乾燥も防いでくれます。

 

また、たとえ今コメドが出来ていたとしても、そのコメドが取れたあとには二度とコメドができないように肌の状態を整えてくれます。

 

 

フェイスラインにできてしまうニキビを防ぐためには、まずコメドができないようにする必要があります。

 

そのためには、ニキビ対策ができて保湿もきっちりしてくれるこちらの商品をおすすめします。

 

しっかり保湿してコメドもニキビも防いでくれるニキビケア商品ランキング